天文学 暦 占3

しばらく間が空いてしまいましたが、続けます。

星学を迷信的に信じる物は、星学の奴隷のようなもので、賢者は拠り所を創造主に転換する事で、過去の因縁に打ち勝つ、とあります。

要するに自分自身が霊性に気づけば拠り所は星学から創造主へとシフトしていくと教えてくれています。
占いにはまってしまい決断を常に占いに頼るようなケースの事だと思いますが、スピリチュアル・カウンセリングでも同じ事が言えます。特にスピリットガ… Read More

出版開始

本当はもう少し前に出版予定だったのだけれど、結局桜がほぼ満開のこの時期になりました。

ブログの代わりとして、よろしかったら・・・・・

ちらっと目を通してくださいね。紙本は後日出ます。

《amazon本詳細より》

櫻まりな著

私たちに内在する魂は、成長するために生があり、死があり、再生がある。
そこから言えるのは、愛する人たち、愛するペットたちが大いなる存在になったとき、何ものにも代えられない愛情が届く、とうい… Read More

天文学 暦 占2

続いて

「すべての被造物は互いに関連し、影響を与え合っている。宇宙のリズムのバランスが取れているのは、その相互作用のためだ。人は地上に生きている間は、2種類の力と戦わなければならない。一つは、人間を内的に構成している地水火風空の諸要素が引き起こす混乱で 、今一つは、自然現象からくる外的崩壊力だ。」
と書かれています。

要するに私達は様々なエネルギーやリズムの影響を受けている。それらのバランスが取れているの… Read More

天文学 暦 占

この本は「あるヨギの自叙伝」パラマハンサ・ヨガナンダ (著)
スティーブ・ジョブズのiPadに、彼自身が唯一ダウンロードしていた本。ビートルズのジョージ・ハリスンも影響を受けた一人。

この本の「16章 星学をかわす」ですが興味深いことが書いてあります。星学とは天文学の旧称で、意味は同じです。

では天文学はというと、天体の位置や動き方などを研究する学問ということです。ちょうど、少し前にレクチャーの中でスピリ… Read More

サンデーサービス 出演終了

サンデーサービスに多くの方にご参加いただきましたこと、感謝いたします。
時間の関係で、出てきておられたのにメッセージを届けられなかった、おばあ様、ダックスフンドちゃんのスピリットの皆様。申し訳ないです!

サーモンは、指導霊にお願いした通りにはなかなかできませんが、美しい深海のイメージが皆さんに届いていたらいいなと思います。

後で、深海の魚をよく知らなかったのでネットで探したんですが、

なんか、こう、ん~、… Read More

通信成功


タイタニック沈没から始まった永遠の旅

スピリット達は通路になってくれる人を探し出し、次に通信をするのですが、次にどのように通信をしてくれるのか、という事が書かれています。

スピリット・コミュニケーションは自分とスピリットの相互協力が必要だという事も読み取れます。

これはウィリアムが交霊会をしているところに行き、メッセージを届けようと試みて初めて成功したときの事です。
一部略して掲載します。

「思念を具象化し… Read More

最年少ミディアム?

ある番組で放送されていたので見ていたからもいらっしゃるかもしれません。これはある少女の語ったお話しですが、それが漫画になっています。

その内容は(一部です)

3歳の少女(長女さん)は、お母さんの妊娠を予言、赤ちゃんの性別も予言します。
ある日、長女ちゃんがお空の上の話をしてあげると、話し始めたのが生まれる前の事でした。

雲の上で どのお父さんにするかお母さんにするかを見ていた。自分でどの親の元に生まれるか決… Read More

最高のミディアム

「アイイスのカウンセリングの目的の基本は、霊と霊界の存在、そして、霊とのコミュニケーションが可能であることを証明することにあります。」これはアイイスのアイイスのカウンセリング(リーディング)に書かれています。
私もリーディングを受けたことがありますが、ただ中には、”証明”とまではいかなかった内容のものも経験しています。

 

これは随分前にさかのぼります。
亡父の趣味の一つがアユ釣りでした。アユ釣… Read More

サンデーサービス 2021/09/05

アイイス(国際スピリチュアリズム協会)で開催されるサンデーサービスのデモンストレーションに出演させていただきました。
何度やっても緊張するのですが、皆様の暖かい雰囲気の中やらせていただくことができて、感謝です。

サンデーサービスの詳細な説明はアイイスホームページに掲載されています。

以前出かけた セント・ジョンズ大聖堂
以前出かけたセント・ジョンズ大聖堂

簡単に説明すると、日曜礼拝にスピリチュアル要素を追加した独自スタイルのもの、と言えるでし… Read More