kokiに会う

少し前、久しぶりにリーディングを受けました。
そのリーディングの中で「コキと言う名前に心当たりはあるか?」と聞かれました。女性の名前でコキというのはあまり聞いたことがないし、分からなかったのですが「スペルを書くよ」と書いてくれたのが「koki」でした。音を確認すると”こうき”だと言います。が、やはり思い当る人はいません。気にはなったのですが、きっと後で思い出すかもしれません。

その他、指導霊も教えても… Read More

きっと楽しめるはず

この方は母の実家の近くに住んでいて、子供のころから母の兄弟とは遊んでいたいわば母の幼馴染。大人になっても母とは出かけていたので付き合いは半世紀ぐらいだと思います。
職業は大工さん。宮大工もされ、仕事の話になると職人魂が伝わってきます。我が家も何度かお世話になっている方です。名前はYさん。
我が家でまた御世話になるかもしれず、先日、仕事場へ行ったときの事です。

数年前に体調を崩し手術をしたのは知っていたの… Read More

光が綺麗な一日

大変なことがあったり、嬉しいことがあったり、色々経験する。

光に満たされる、という表現をすることがあるけれど、そんなときに思い出したのがこの写真。

 

放射する光の帯に手を伸ばしたら触れられるのではないか。。。と思ってしまう。

 

 

 

皆さまも、今日一日が光に満たされた一日でありますように。

太陽と空
太陽と空

 

 

≪出版書籍≫

Read More

見えない人から守られているんだ

美容室 もう10年以上、髪のカットは同じ美容師さんです。男性美容師さんですが、なかなか興味深い方なのです。
見えないものは信じないし、見えるという人がいても信じない。なのに、UFOは存在しても不思議ではない、人間だけと思っているのはおごりだ、と考える人です。

以前のブログにも書いているのですが、次に掲載するのは5年ほど前のある日の会話を書いたものです。

『数日前にカットに行った。その時、お父様が4年前に… Read More

愛をもって救済へ向かえ

ホアキン・フェニックスは映画『ジョーカー』で2020年度第92回アカデミー賞、主演男優賞を受賞した俳優。ヴィーガンで動物の権利活動家でもあります。ホアキンの兄は23歳で亡くなったリヴァー・フェニックスです。

アカデミー賞の受賞者のスピーチには話題になったり、後々語られるものもあります。
この時のホアキンのスピーチは「もし演技がなかったら、僕自身はどうなっていたか分からない」と始まりました。自分を悪いや… Read More

素晴らしい人との出会い2 祀られる

参加したイベントで休憩時間になったとき、不意にKさんが私の元へ近づき「君、次に参加してね」と言います。このイベントは参加する人はすでに決まっていましたし、私は見学のみで参加の予定はありませんでした。「無理です。昨日見てお分かりだと思います」とお断りすると「問題ないよ。じゃ、やってね」と言い残し去っていくではないですか。知り合いが参加していたので、この事を伝え、断るにはどうしたらよいか、と相談しまし… Read More

素晴らしい人との出会い1

私の趣味の関係で、数年前にあるプロの方のワークショップに参加したことがあります。このプロの方はメディアでも見かけるKさんと言います。たまたま知り合った方がこのKさんの弟子であったことから、この機会を頂きました。

かなり多くの方がワークショップに参加されていてKさんの人気の高さを知りました。私はその時の私と言えばその世界に足の親指を突っ込んだ程度の素人です。
無知とは怖いものなどないわけで、私はほぼプロ… Read More

イースターとは関係ないけど卵の不思議

イースターと聞き、ふと思い出した我が家の庭の怪を思い出しました。

ある日、門の花壇の手入れをしていたら、奥の方に白い何かが見えます。

そっと植物を少しよけてみると、なんと卵。

にわとりの卵ぐらいの大きさがあり、特に汚れているわけでもなく、普通の卵です。

ただ、どうしてここに?

何の卵?

 

早速調べてみても有力な情報が見つかりませんでした。

どうすればいい?

 

思案した結果、この卵の親が戻ってき… Read More

出版まで

書籍出版後記などです。
書き始めた時、本当はもっと早い時点で出版する予定でしたが、なかなか思ったようには進まず3月末になったのは先日書いた通りです(初版日は3月28日)。

半分以上書き進んだある日、出版社からオファーがありました。「出版を」と。このタイミングで? ですよね。
とりあえず打ち合わせを行い、紙媒体での出版を視野に入れました。打ち合わせでは「これこれこういう内容で、読者に訴える内容にしてほしい… Read More