天文学 暦 占

この本は「あるヨギの自叙伝」パラマハンサ・ヨガナンダ (著)
スティーブ・ジョブズのiPadに、彼自身が唯一ダウンロードしていた本。ビートルズのジョージ・ハリスンも影響を受けた一人。

この本の「16章 星学をかわす」ですが興味深いことが書いてあります。星学とは天文学の旧称で、意味は同じです。

では天文学はというと、天体の位置や動き方などを研究する学問ということです。ちょうど、少し前にレクチャーの中でスピリチュアリズムと天文学の関連のお話を伺ういました。古代の人達の天文学の知識は素晴らしいものがあり、ひょっとしたらミディアムがそうした事を扱っていたかも、という内容がありました。非常に納得して伺ったところです。

 

 

天文学をベースに様々な暦が作成されていくわけですが、暦は例えば農業にとっても重要なものでした。田植えの時期や、収穫の時期などといえば理解できます。農業だけではなく航海などでももちろん重要で航海暦というのもあるそうです。

ここで暦といっても非常に沢山の種類があり、たとえば月を元にした太陰暦や、現在日本で使われている太陽暦(グレゴリオ暦)、旧暦に当たる太陰太陽暦(中国の春節はこの暦のお正月)などがあります。これら暦は生活に密着していたり便利にするための必要な発展をしていたようです。

これ以外に、天文学は占いや開運学に応用されているわけですが、例えば占星術などの星占いや、新月占いなどへと広がりを見せていきます。ただ、学問や科学からは遠ざかっていきます。
ヨガナンダの師匠が
「古代の科学であった星学を今日のような不名誉な地位に転落させたのは、知ったかぶりのにせ星学者たちだ。星学は、数学的にも哲学的にも、あまりにも広大な学問であるため、よほど達織織のものでなければこれを正確に把握することはできない。」と言っています。

 

続く

 

 

天文学 暦 占2

天文学 暦 占3