通信成功


タイタニック沈没から始まった永遠の旅

スピリット達は通路になってくれる人を探し出し、次に通信をするのですが、次にどのように通信をしてくれるのか、という事が書かれています。

スピリット・コミュニケーションは自分とスピリットの相互協力が必要だという事も読み取れます。

これはウィリアムが交霊会をしているところに行き、メッセージを届けようと試みて初めて成功したときの事です。
一部略して掲載します。

「思念を具象化して出席者の目に姿を見せる。《略》自分の容姿を細かく、じっくりと思い浮かべて、 その映像が彼らの目の前に実在して、 彼らがそれに気づくようにと、その念を私の精神に焼き付けるのです。
やはり最初は二、三度失敗しました。が、ついに成功しました。

さらにメッセージを送ることにも成功しました。出席者の中でもいちばん霊感の鋭い人のすぐ側に立って、 短い文章を思い浮かべ、 それを一字一字強く念じることを繰り返すのです。 」

あとは受け取るだけですね(それが難しかったりしますが)。

それとスピリットの方で失敗があるというのは興味深いですが納得です。

 

 

 

 

 

 

 

今後のアイイスでの予定です。

声を大にして言う代わりに、デカ文字かつピンクにてお伝えしております。

ご参加様募集中です。

2/24 ドロップイン・ナイト

2/27 サンデーサービス

3/17 スピリット・コミュニケーション・トゥワイス

です。