出版まで

書籍出版後記などです。
書き始めた時、本当はもっと早い時点で出版する予定でしたが、なかなか思ったようには進まず3月末になったのは先日書いた通りです(初版日は3月28日)。

半分以上書き進んだある日、出版社からオファーがありました。「出版を」と。このタイミングで? ですよね。
とりあえず打ち合わせを行い、紙媒体での出版を視野に入れました。打ち合わせでは「これこれこういう内容で、読者に訴える内容にしてほしい」とリクエストがありましたが、ご想像通り、そのオファーと私の伝えたい事がかけ離れていました。
他にも理由はありましたが、この出版社のオファーはお受けしないことにしました。

以前にも、あるタレントさんの番組に出演してほしいとオファーがありましたが、こちらも私の伝えたいこととかけ離れていたので、番組ADさんと話し合い見送ることにしたことがあります。

スピリチュアリズム、と聞いた時にどんなイメージを持たれるかは、昨今のスピリチュアルブームの影響もあってか、広範囲に渡っていると感じています。それは悪いということではありませんし、当然ですが、逆にずれが生じることも不思議ではありません。
テレビや書籍などを通して広く伝えられる事は大変素晴らしい事だと思いますが、何を伝えるのか、を考えて今の形にしました。

 

 

愛犬さくらが生まれたこの季節、イギリスへ行ったのも同じ時でした。桜が満開になったタイミングでペーパーバック出版になりそうです。