時間の感覚

リーディングやデモンストレーションでは行う側として与えられた時間が決まっています。

例えばデモンストレーションのケースで、お一人5分で!、と言われると、多くのケースで本当におおよそ5分で終わります。

時間を区切られると、余計に緊張をするのでその時間通りに終えられるか不安になるのが本当の所なのですが、不思議ですね。

 

これは以前、練習でデモンストレーションを12時に終わってと言われた時の事です。
やり始めるとスピリットの方が出てこられてエビデンス、メッセージへと進んでいきます。
そしてまだメッセージがあるかも、と続けようとしたその瞬間、ピタッとエネルギーが止まりました。

えええ???となり
「ど。。ど。。。。。何処かへ行かれてしまったようです・・・・」
と呆然としていたら

「いえ、今ちょうど12時」です。と言われたのです(時計は私の背後にあり時間を確認できませんでした)。
”12時に終わった”、のではなく、”終わったら12時だった”のです。

これはスピリットの方が時間を判っておられて12時に終えてくれたのだと思います。
メッセージを届けるだけ届けて、時間になったらさっとお帰りになったこのスピリットの方、かっこよすぎです。

ただ、こうしたことは、改めてスピリットとの共同、協力を認識できるとても素晴らしい体験です。そして何より感謝せずにはいられません。

そして、この方はもう一度お会いしたいスピリットベスト10のお一人でもあります。