リーディングで理解を深める

霊界のシステムを教えてもらったともいえる一つのある印象に残るリーディングを一つ掲載します。

Wさん(女性)からのご依頼で、虹の橋を渡り、霊界にいるペットのEちゃんのリーディングです。

幾つか質問がありましたが、必要となる部分だけに絞っています。
まず最初の質問は
「今誰と一緒にいるの?」
という質問です。

ペットのEちゃんが一人の男性と一緒にいるイメージを伝えて来てくれました。霊界には亡くなったペットたちの面倒を見てくれる人がいると言われていますが、きっとEちゃんにはこの方が面倒を見てくれる人なのでしょう。

続いての質問は
「私が帰宅した時Eちゃんがお帰りの挨拶をしてくれますがそれを済ませた後、自分だけ玄関に飛んで戻っていき何かを確認していたけれど何だったの?」
でした。

Eちゃんが元気だったころの事ですが、どうして誰も入ってこない玄関に戻るか不思議だったそうです。

この質問でEちゃんが送ってきてくれたイメージは、帰宅した時にWさんの後から玄関に入ってくる男性の姿です。”その人が(玄関から入ってこないかを確認したかった”というものでした。

所が、最初のEちゃんが教えてくれた「虹の橋の向こうで一緒にいる男性」と玄関に入ってくる男性のイメージが被ったのです。という事は、この男性はWさんにとって親しいご関係の方であり、すでに他界されている方ということになります。もちろん、Wさんの家族構成などは伺っていません。

このリーディングはメールで行ったのですが、結果をWさんに報告すると、経緯や詳細を詳細に記したお返事を頂きました。
まず、玄関でのことですが
「実際に以前は帰宅されるとWさんが先に玄関に入り、後からご主人が玄関から入ってきて、それをEちゃんが迎えるため玄関に戻っていたのだと思う」
とのことでした。

さらに、霊界でいっしょにいた男性に、心当たりがあると。

実は、Wさんのご主人は亡くなられていて、そのご主人に虹の橋を渡ったペットのEちゃんのことを

「私がそちらへ行くまでEちゃんの面倒をみていてね」

とお願いをしていたそうです。お二人の間にお子さんはいらしゃらなくて、ペットのEちゃんを子供のように可愛がっておられたのですが、ご主人は急にご病気をされ他界されてしまったのです。その亡きご主人ははちゃんとWさんの願いを受け取っていたと知り、涙が止まらなかったことを覚えています。

 

 

私は霊界の事を単なる知識としてしか理解していなかったのでしょう。しかし、このリーディングで、霊界の存在、私達の伝えたいことは伝わる事、ペットにも会えること、そして全てがつながっている事などを大きな感動と共に学びました。

 

 

最後にWさんからの感想をあえて修正せずに掲載します。
「私は今回のコミュニケーションにはとても救われました。
それはやはり人間も動物も肉体を離れた後も命?魂?は永遠に続いていくということが実感として理解できたことでした。
夫もいる、Eちゃんもいる。ちょっと淋しいけれど、一緒にいる。
だからちょっと辛いけど頑張ってまた生きていこうと思えたのでブログを読まれる方に少しでもその事実を知ってほしいと思いました。」(ご本人に了承を得て記載)。

関連記事

取り組む相手は?
そうだ北海道へ行こう!
リーディングで理解を深める
完璧!
ヴィクトリア・ステーション
What a Wonderful World
新聞の奇跡
奇跡の新聞2
無限なる叡知