新聞の奇跡

これは随分前に、ブログに記録として書いたものですが、こちらに改めて掲載してみます。

——–

Aさんという男性はその当時60才近いか超えているかぐらいだったと思う。私のアルバイト先に外の仕事のアルバイトとして入ってこられた方だった。
そのアルバイト先のトップKさんはアメリカ生活を経験し英語を話すことができたが帰国し話す機会がない。そこで、英語を一緒に習おう、と言うことになった。私たちが選んだレッスン方法は、英語のクラスを作ることだった。アルバイト先に会議室がありそこに先生を呼びレッスンをする、というもので先生もアメリカから来ていた交換留学生に決まった。
すると、Aさんが
「年を取っていて失礼かもしれないが、仲間に入れてくれないか? 迷惑はかけない」
と言ってきた。実はAさんは外仕事といっても本当に仕事をしているかどうか怪しく、悪く言うと人生をあきらめ適当に時間をつぶしているだけのご老人に映り、私たちの間での評判は決して良くなかった。そんなAさんが英語?という驚きは隠せなかったが後に驚くことになる。

ジャシュというイケメンすぎる交換留学生が最初の先生だったが、アメリカンジョークが好きでクラスは楽しく始まった。

そこにAさんは時に笑顔を見せながら静かに座っていた。私は英語を習ったことがないが、ジャシュは日本語が話せない。だから英語の単語の説明が英語で
「日本語please」
と懇願した。Aさんが
「日本語を使わず英語で説明を聞いていれば上達が早い。」
と口を挟んだ。その説明を英語でスラスラとジャシュにし始めた時、この方の英語力を知った。

さらにジャシュが笑ってる。どうやらジョークを交わしているようだ。会話に入れない私は
「日本語please」
ジャシュが
「ノー。あなたもEnglish!!!」

そのレッスンは合計4クラスに成長した。もちろん、Aさんの英語力はいかんなく発揮され困った時には助け舟を出してくれた。毎回、仕事の時とは違う優しく、紳士的で、聡明さを見せるAさんを皆も認め始めた。
が、Aさんの英語力はどこから来るのか誰も知らない。

ジャシュは6か月の滞在の後アメリカに帰ることになった。お別れ会をしたときなぜかジャシュはAさんがどうやって英語を勉強したかを知っていた。さらに、
「自分が知っている中でも英語力はトップだ、アメリカ帰りの人より発音は分かりやすく、英語のジョークが言えるセンスもある。失礼だがあのご年齢でここまで話せる人は知らない。」
と言った。

続く

関連記事

取り組む相手は?
そうだ北海道へ行こう!
リーディングで理解を深める
完璧!
ヴィクトリア・ステーション
What a Wonderful World
新聞の奇跡
奇跡の新聞2
無限なる叡知