会場での記録1

コロナ感染が広がる前、アイイスでは日本各地で会場でのクラスやワークショップが開催されていました。
今はzoomのみになり、その頃から学び始めた方も多いと思います。

私は住まいが地方なので、世話になっていたのは地方クラスでした。なのでこれからの内容はその地方クラスでの事です。

 

クラスは2週間に1度で、1期に5回(6回の時もあったかも)だったと思います。ワークショップも1期に1度程度と記憶しています。生徒さんは6,7人が平均でした。お一人休まれるだけで会場が広く感じたのを覚えています。一度だけ生徒さんが全員お休みをされ、参加が私だけだった、という経験がありますがその様子は取り組む相手は?に書いています。

そのうちの1回は開堂先生が名古屋にスーツケースを持って来て下さっていました。クラスが終わったら可能な生徒さんが車でホテルまでお送りするという事もありました。本当に懐かしいです。
他の先生ではダメという事ではありませんが、多くの生徒さんが、開堂先生がいらして下さる日は貴重だったと思います。

それから私が学んでいた期間は、名古屋クラスにはミディアムはいらっしゃいませんでした。今は、どのミディアムにもzoom上ですがお会いできますし、距離の壁がない、メリットの一つだと思います。

私の通う頻度は1期全てではなく1~3回程度でしたから、計算上では年(春、夏、秋学期)に3~9回になります。今は、クラスは毎週ありますから、1期で一年分(私の場合)! まるで夢のようです!!!。

ワークショップは参加できなければしばらく先までお預けでしたが、zoomになってからはワークショップ、イベントが増えて沢山から選べるし、会場まで移動しなくて良いので本当に良い環境だと言えます。

そんな環境で学びを続けている中で、思い出に残ることや体験を少し記録しておこうと思います。

まず瞑想ですが、会場なので当然全員そろって同じ場所で行うわけですが、先生がその場で誘導してくれます。
電気が消されると会場全体の空気が引き締まり、瞑想の準備に入るのがわかります。皆さんのエネルギーがスイッチする感じです。

勿論、他の方が音を立てたらお隣の人に聞こえてしまいますから、音を立てないような配慮は必要です。
これは聞いた話ですが瞑想中に席を立ち、バッグからガサガサと音を立てて何かを取り出した人がいたことがあったそうです。
私がイギリスで学んだときも、瞑想中に席を立ち、スナックの袋を明けてボリボリと食べ始めた人がいました。かなり驚きましたが、この時はさすがに、先生が後で注意をしていました。。。。

次は、瞑想での不思議な出来事などに続きます。