重要なミディアム

ミディアムと言えば、もう一人私にとって重要な方がいます。ミディアムTさんです(以降M・Tさんと表記)。

数年前に受けたリーディングの時の事です。
M・Tさん「学ぶためにイギリス行きます?」
私「いえ、予定はないです。ジャパニーズウィークも終わってますし」
M・Tさん「行くと思いますよ」

という会話が。

イギリスにはアーサーフィンドレーカレッジ、SAGBなど学ぶ所はいくつかあり、その中でアーサーフィンドレーはジャパニーズウィークというクラスが年に1度開催されていました。

日本語通訳さんがついてくれるので、英語が苦手な方でも学ぶことができるという、非常にありがたいシステムです。

実はこの少し前に知り合いにジャパニーズウィークに参加しないかと誘われたのですが、あっさり断ってました。簡単に言うと行く気がなかったということです。

M・Tさんが続けて
「イギリス人の中年女性が講師で、周りには日本人がいないです。」
行く気がない私が180°転換して行く気になったとしても、日本人が私だけ? それって・・・ん???でした。

「まさか、それはないと思います」
と言った、その1年ほど後イギリスにいました(笑) 人生何が起こるか判らないものです。

 

イギリスでは、最初の学校ではイギリス人のご年配の女性が講師でした。
次の学校では講師は男性2人、女性1人の3名で、クラスも3つに分かれます。
まさか、という予感は当たり女性の講師のクラスに配置されるという結果に。おまけに確かに日本人は私一人で、リーディング通りの状況におかれていました。

このリーディングがなければ飛行機チケットを取る気にはならなかったと思います。

 

完全否定したくせに、そんなことは過去の事。思い切りイギリスをエンジョイしてしまいました(笑)
さらに詳しいことはまたいずれ・・・・