kokiに会う

少し前、久しぶりにリーディングを受けました。
そのリーディングの中で「コキと言う名前に心当たりはあるか?」と聞かれました。女性の名前でコキというのはあまり聞いたことがないし、分からなかったのですが「スペルを書くよ」と書いてくれたのが「koki」でした。音を確認すると”こうき”だと言います。が、やはり思い当る人はいません。気にはなったのですが、きっと後で思い出すかもしれません。

その他、指導霊も教えてもらえましたが、私が認識している指導霊と全く同じでした。続けてこれからの事や、今の状態のメッセージを頂くことが出きて、リーディングを終えました。

それからしばらくした先日、趣味の関係で仲間とあるお店へ行った時の事です。何度か行ったことがあるお店で、スタッフさんが気さくで気軽に声をかけてくださる関係です。お店にいたお客さんが急に帰られ、私と仲間二人だけになってしまいました。そこで私たちとスタッフさんの間で会話が盛り上がった時の事です。スタッフのお一人が新しいスタッフを紹介してくれました。

「この子はね、新しいスタッフで”こうき”っていうの。よろしくね」です。
私はつい「え? 今、なんと?」と口走ってしまいました(笑) ていうか、kokiって男性だったんだ!!!

いや、驚いたのはスタッフさんで
「何?何?なんで驚くの?」
ごもっともな疑問です。
「あ、いや、別に大したことじゃなくて。いい名前だなと思っただけかな。気にしないでください。ほんとなんでもないので」
と必死に言ったことがかえって「気になるわよ」と言われる羽目に。しかし、雰囲気はとても良いし、皆さん気さくな方ばかりです。思い切って「ある人が、コキって人と会うって言ったんです。きっとこうきさんの事だなと思って」と逃げ切るつもりで答えたのですが、墓穴を掘ったかも、と思うも時すでに遅し。3名+友人に「だから誰に言われた?」と詰め寄られたわけです。

隠すことでもないし「ミディアムのリーディングで言われた」と伝えました。とにかくその場にいた全員が「その人、すごすぎる!!!!」と目を白黒させ驚いていました。
それで終わるはずが「で、ミディアムって何? リーディングって何?」という質問に進んでいきます。
ちなみに仲間も、このお店の人たちも私の仕事を含めた私生活について詳しくは知りません。

すると続けて「なぜミディアムとやらにリーディングを受ける必要があったのか? 何かあったからでしょ?」と質問が続きますが、ここは理解できます。
ところがお一人が「あなたもそうなのか?」と言うのです。つまりあなたも同じミディアムなのか?と聞かれたわけです。
「この流れで、その質問になりますか?」と、私の方が聞きたい!

結果、自分の事を含めたミディアムシップを伝える流れになっていきます。
実は、スタッフのお一人は臨死体験をされて、本も出版されている方です。だから余計にミディアムシップに対する理解は深いと思います。

さらに話しが進み、その場にいた全員がミディアムシップを理解したいと思っていた方ばかりだったと分かりました。
様々な話題になったのですが、お一人が言う「今まで知りたかったことを知ることができた」という言葉がとても印象的でした。

もう一人の人はご自分の抱えている問題を皆にシェアしました。そこにあったのは「辛い経験をしてきたから、同じ苦労をしている人の事が手に取るように分かるんだ。」という、この方の優しさの本質でした。

もう一人に至っては「感じるんだ。でも誰にも理解されないと思って、言えなかった。」と告白されていました。

最後に、一人が「納得できたよ。このメンバーだったことに意味があるよな。話せる人達が残ったんだよな。急に皆帰ったから、不思議だったんだ。話せてよかったよ」と語っていました。

こういう時間を持てたことは、意味があるに違いありません。私にとっても貴重な時間となりました。

 

話しが少しずれましたが、素敵なスピリチュアル・リーディングで、少し先に出会うもう一人のお名前を教えていただいています。その方と出会うことがとても楽しみです。

 

 

 

≪出版書籍≫