取り組む相手は?

思い出すのは、オールレベルクラスに参加していたころです。地方での参加でしたが熱心な生徒さんも多く、実習にも真面目に取り組まれている姿は今も記憶に新しいです。その中で「皆さんすごいな~」と感心しながら参加するのが常でした。

この時、地方だったこともあるのでしょう。たまたま生徒さんが少ない学期でした。いつも通り会場へ向かうとK先生がドアの前に立ち
「櫻さん、早く!早く!」
と手招きをするお姿が見えます。何気に嫌な予感が。。。。
K先生「君一人なんだよ。さ、やろう」
ということは・・・・
まさかのプライベートレッスン? いやいや、無理でしょ・・・と、驚き+緊張=逃走と脳内が判断しました。

「先生、一人だし今日はお休みということでもいいんです。帰りましょう」と完全逃げ態勢の私に
「いや、いいんだよ。やろう。」
いや、そうじゃない。逃げたいんです。が、続けて「じゃ、少し早めに終わってもいいから。」とおっしゃいまして、なら、なんとか頑張れるか・・・・。とプライベートレッスンが始まりました。
K先生は生徒が私一人でも躊躇ない(笑)。

気づけば、今まで和気あいあい、楽しく、気楽に(私の場合)参加していたクラスですが、この時ばかりはとてつもない緊張と焦りを感じている自分に気づきます。

逃げられないのです。まな板の上の鯉なんです。「え~、なんだろ?わかりませ~ん(ヘラヘラ)」とか言う余裕すらありません。ていうか言える雰囲気ではない。

とにかく必死に実習についていきました。その時、クラスメイトの方たちの陰に隠れようとしていたり、「初心者です」という態度を貫き通し、できない自分を当然としていて、言い訳を探し、何となく実習をこなす、という自分の姿を実感させられたわけです。

取り組む相手は、自分しかいないとも知らされ、これは自分の学ぶ姿勢を根本から変える事となりました。

そしてこのクラスはなぜか・・・

どういうわけか。。。。

・・・不思議なことに(笑)延長になったのでした。

関連記事

取り組む相手は?
そうだ北海道へ行こう!
リーディングで理解を深める
完璧!
ヴィクトリア・ステーション
What a Wonderful World
新聞の奇跡
奇跡の新聞2
無限なる叡知