電気格闘記録1

真面目なスピリチュアル・ブログにしたいという希望を持つも、書くネタがないという結果になりつつあります。

そんなある日、電気とスピリチュアリズムの話になり私の電気経験を知っているNさんが「それをネタにしてほしい」と。いやいや、単に電気製品が壊れ続けて困ってるだけの話だし、というとMさんが「ネタにすべき」と続けます。
ちょうど、Nさんとディナーをしたとき、私達の座るテーブルとその隣2席分のテーブルランプが消えるという、不思議現象の後のことでレアな内容でもあります。そこでこのお二人の意見に従う事にしました。

さかのぼる事、母が亡くなったときの事です。うちの電話の回線が切れて、通話ができない状態になりました。その頃は、着信があっても着歴なしとか、携帯で話してる最中突如切れて「圏外」となる(うちは田舎ではあるが普通の住宅地)など、おかしな現象がいくつか起こっていました。こうしたことはもっと前からあって携帯電話も買ってすぐに故障×3回というのもありました。ただ全て”偶然でしょ”で片づけてました。

しかし、掃除機、電話機、他と立て続けに故障が続き、節約生活を強いられる事態へとなっていきます。
それでも”偶然でしょ”と片づける私に”勘弁してよ”事件が起こります。

冷蔵庫を変えた時の事です。新品のはずなのに爆音がしはじめます。ガガガーーゴー、って何? 古い冷蔵庫の方が静かなんです。

修理依頼するも修理不可だそうで新品交換になったのですが、その新品交換冷蔵庫もドアの建付けが悪い事がわかりまた新品交換です。
電気系統の故障じゃないだけが救いです。冷蔵庫は2回の交換で使えるようになります。

続く